THREE BY TWO


2019年V-シリーズのニューモデル「THREE BY TWO」のライディング動画が完成。
このモデルはショートボードでハイパフォーマンスだけど「人と違ったスタイルで波に乗りたい!」と言う方々の為に開発され、スラスターハイパフォーマンスボードと80年代のツインフィンの性能を融合させ、2+1のフィンセッティングで仕上げたモデル。
今回の動画では、ライダー小林直海の早めで癖がある腹前後のビーチブレイクでのライディングを収録。

動画の初めでは、2+1のフィンセッティングでルース感がありながらもより際どいセクションをバーティカルに攻め、後半(00:58~)ではフィンセッティングをツインに変えより速くスムースな小林の得意なライディングを披露しており、スラスターとツインフィンの違いが分かる動画となっております。

波によって又は気分によって「今日は2+1かな」「今日はツインかな」と1本で2度楽しめ、他のV-SERISEとは一味違ったボードとなっております。
2+1では、コンテストでも使用出来るパフォーマンス性能を、ツインでは流れるようなスムーズなフィーリングを味わえ「ハイパフォーマンスだけどスラスターじゃない何かが欲しい!」そんなショートボーダーにおすすめなモデルです。

小林直海インプレッション
自分が感じた乗り味では、ツインの方が水抜けが直に伝わってきて直進が速く波が小さい時に、合っていると思います。
ツインスタビ(2+1)は、よりホールドして粘るのでサイズがある時に適していると思う。
フィンは、ツインで乗るならば高さがなくて幅が広い、いわゆるキールフィンが合うと思います。
ツインスタビ(2+1)はもっと立っていて高さのある普段使っているスラスターのサイドフィンより大きくセンターフィンは小さめのフィンが良いと思います。
ショートボーダーのセカンドボードとしてサイズがない時でもショートに乗りたい、そんなに方に乗ってもらうと楽しめる幅が広がると思います。

小林使用ボードサイズ:5’7″” x 19 5/8″” x 2 5/16″”

カテゴリー: News

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です